蜂の子で不眠を改善できらか

栄養豊富な蜂の子

「蜂の子」とは、そのまま字のとおり蜂の子供である幼虫やさなぎを指します。スズメバチ、クロスズメバチ、ミツバチ、アシナガバチなど蜂の種類も様々です。古来より蜂の子は不老長寿の薬として知られているように、栄養豊富で滋養強壮の効果があります。さらに、蜂の子は、耳鳴りや難聴の改善効果が期待できるといわれています。
今回は、蜂の子と不眠の関係について説明します。

不眠の種類と原因

不眠にはいくつか種類があり、原因も様々です。

不眠の種類

不眠には、寝つきが悪い「入眠障害」、眠りが浅く何度も目が覚める「中途覚醒」、熟睡した感じがない「熟睡障害」、朝早く目覚めてしまう「早朝覚醒」などの種類があります。
これらの症状が続くと日中に倦怠感を感じ、意欲や集中力が低下するなど、体や精神に不調を来たす状態になりがちです。

不眠の原因

不眠の原因には、主に以下のことが考えられます。

  • 不規則な生活
  • 心配事や不安、ストレス、自律神経の乱れ
  • 精神障害
  • 薬、お酒、コーヒーなどの影響(副作用)
  • 痛み、痒み、咳などの何らかの体の不調

以上の原因の中で何か思い当たるものがある場合は、その原因を解決することで不眠が解消するかもしれません。

蜂の子の栄養価と不眠への効果

蜂の子は、成虫に成長するために養分やエネルギーを蓄えます。そのため、蜂の子の栄養価は非常に高く、栄養素も豊富で、健康食品として非常に優秀なものといえます。
蜂の子には、以下の有効成分が含有されています。

  • 必須アミノ酸全てを含む、19種類のアミノ酸
  • ビタミンB1、B2、Cなどのビタミン類
  • カリウム、鉄、亜鉛、カルシウムなどのミネラル
  • オレイン酸などの脂肪酸

これらの栄養素の中には、不眠の原因を解消してくれるものもあります。

亜鉛とマグネシウムが耳鳴り・難聴に有効

耳鳴りや難聴など症状が原因でうまく眠れないことがあります。蜂の子の成分である亜鉛やマグネシウムにより、耳鳴りや難聴の症状が改善する効果が期待でき、その結果、不眠も改善することが期待できます。

自律神経の調整

不規則な生活が続いたり、ストレスが溜まったり、疲労が蓄積したりすると、自律神経が乱れて、体にいろいろな影響が出てくることがあります。不眠はその悪影響のひとつです。
蜂の子の成分であるトリプトファンから生成されるセロトニンは、自律神経の乱れを正常に戻すように働きます。その結果、自律神経の乱れから起こる不眠を改善することが期待できます。

不足しがちな栄養素を補う

乱れた食生活は摂取した栄養素のバランスが崩れてしまいがちです。十分な栄養を摂取できないと体調を崩してしまいがちです。蜂の子はアミノ酸を始めとした豊富な栄養素がバランスよく含んでいます。不足しがちな栄養素を補うことができるのです。

継続摂取にはサプリがおすすめ

蜂の子は、不眠を改善できる栄養を含んでいます。効能が期待できる蜂の子ですが、即効性があるわけではありません。数ヶ月は継続して摂るようにしましょう。
しかし、その姿形から蜂の子を食べるのに抵抗を感じる人もいることでしょう。そんな人は、蜂の子から作られたサプリメントがおすすめです。カプセルや錠剤状に加工されたサプリなら比較的抵抗なくとることが可能です。
不眠に悩んでいる方は、ぜひ蜂の子を始めてみてはいかがでしょうか。