v1.1
国旗・国章と木 TOPに戻る

アンティグア・バーブーダ

.
国章は中央の盾にな製糖工場と日の出、その両側には、左にサトウキビ、右に綿の木と花をそれぞれ持つ鹿が盾を支えている。上部にはパイナップル、ハイビスカスの花などが描かれている。下部のリボンには、英吾で「Each endeavouring, all achieving(各々の努力が全体の成功へ)」という国の標語が書かれている。なお右の綿の木はユッカという説があり、英名 yucca、 学名Yucca filamentosaで40~50の種があり、多年草か低木または高木の草木である。未確認だが、イラストから判断するとユッカのようだ。 国章制定日1967年2月16日
国花調査中
この国の樹木、木材、林業関係切手

救世軍100年 2003.5.19

学名:Tamarindus indica Linn.
英名:Tamarind tree
和名:タマリンド

stamp

The historic sandbox tree

モラビア教会会議 由緒あるスナバコノキの大樹

2006.4.03

地球サミット 熱帯雨林の保護を訴える 1992

その他

カリブ海の小アンティル諸島に位置するアンティグア島、バーブーダ島、レドンダ島からなる国家である。首都はセントジョンズ。面積は443km2、人口約68千人(2004年)、通貨 東カリブ・ドル。

 

..
.
76/94