v1.1
国旗・国章と木 TOPに戻る

リベリア共和国

.
国章は盾型で 盾の上には国の標語である「The love of liberty brought us here(自由の愛が我々を導いた)」という文字が書かれたリボンがあり、、下部には「Republic of Liberia」が書かれたリボンがある。盾にはた19世紀の帆船、椰子の木、鋤とシャベルが描かれている。帆船はアメリカ合衆国で解放された奴隷たちを乗せてリベリアにやってきたことを象徴している。、鋤とシャベルは最初の移住者が持ち込んでもので国土開発を意味しており、ヤシの木は、リベリアで最も多方面で使われる食の源であり、繁栄を意味している。左上に描かれた白いハトは、平和の意味を表し、独立宣言書をくわえている。国章制定日1847年7月16日
国花はコショウ
この国の樹木、木材、林業関係切手
ヤシの木とパピルスの巻物 
開発銀行5年。樹冠が硬貨で現されている

その他

リベリアは、西アフリカに位置する共和制国家。北にギニア、西にシエラレオネ、東にコートジボワールと国境を接し、南は大西洋に面する。首都はモンロビア。面積111,370km2(日本の約3分の1)、人口約347万人(2008年)、言語は英語(公用語)、その他各部族語。

..
.
73/94
1ページ目 前ページ 次ページ 最後