.
国旗・国章と木 TOPに戻る

モーリタニア・イスラム共和国

.
三日月と星はイスラム教のシンボルである。緑はムハンマドのターバンの色でイスラム教を象徴し、黄色はサまた 緑は国土の大半を占めるサハラ砂漠を緑化したいという強い希望を示している。国章は円形で、イスラム教のシンボルである。星と月が描かれている。前面には国の特産であるトウキビと椰子の木が描かれている。周囲にはアラビア語とフランス語で国名が記されている。国章制定日1960年8月3日
国花調査中
この国の樹木、木材、林業関係切手
独立記念日

ミモザの木の実と葉

学名:Acacia ehrenbergiana

英文Salam

和名:アカシアエーレンベルギアナ

その他

アフリカ北西部に位置する共和制国家。東にマリ、西は大西洋に面する、南にマリ、セネガル、北西に西サハラ、北東にアルジェリアと国境を接する。首都はヌアクショット。 面積103万km2(日本の約2.7倍)、人口320万人(2008年)、言語アラビア語(公用語)、フランス語、プラール語、ソニンケ語、ウォロフ語(いずれも国語)

..
.
71/94
1ページ目 前ページ 次ページ 最後