v2.1
国旗・国章と木 TOPに戻る

アンゴラ共和国

.
国章は  国の発展を示す太陽、労働を示す鍬、独立を勝ち得た刀、教育と文化の本、そして星は進歩を象徴している。これらのエンブレムは労働者を表す歯車と、綿花産業を表す、綿の実によろって囲まれている。綿がコーヒー産業を表すコーヒーの蔓になっているという説もある。このサイトでは確認はとれていない。  国章制定日1992年8月25日
国花調査中
この国の樹木、木材、林業関係切手
学名:Quercus suber
英名:Cork Oak
和名:コルクガシ
学名:olea europaea
英名:Olive
和名:オリーブ

その他

アフリカ南西部に位置する共和制国家。東はザンビア、西は大西洋に、南はナミビア、北にコンゴ民主共和国と国境を接する。 首都はルアンダ、面積124.7万km2、人口1,702万人(2007年)言語ポルトガル語(公用語)、その他ウンブンドゥ語など。通貨はクワンザ。

..
.
53/94
1ページ目 前ページ 次ページ 最後