.
国旗・国章と木 TOPに戻る

中央アフリカ共和国

.
1960年中央アフリカがフランスから独立したときにボガンダ首相が考えた旗。この時チャド・ガボン・コンゴの国も同時に独立した。国旗は上から青・白・赤・黄で中央に赤色の帯が入っている。また、青はコンゴと大西洋、白はチャドと綿、緑はガボンと森林、黄は中央アフリカ、赤は団結、そして左上には自由のシンボルである黄色い星が描かれている。国章は両側に国旗を配置しその前に盾がある。盾の上に太陽を、下に勲章がある。中央の盾は5分割され、右上にはバオバブの木が描かれている。。国章制定日1963年5月17日
国花調査中
この国の樹木、木材、林業関係切手
パームオイル産業
森林資源

その他

アフリカ中央部にある国家。東にスーダン、西にカメルーン、北にチャド、南にコンゴ民主共和国と国境を接する、首都はバンギ。面積は623千km2(日本の約1.7倍)、人口430万人(2006年)、言語サンゴ語(公用語、国語)、フランス語(公用語)

..
.
14/94
1ページ目 前ページ 次ページ 最後